CRL top logo
ホーム 企業情報 事業ビジョン プロダクツ コンポーネント コンタクト
ビジョン | 技術トレンド | ビジネストレンド | CRL Vision |


ビジョン(CRL Vision)


 CRLは、AI(人工知能)技術コアとインターネット技術コアの両方を具体的なサービスに応用できる唯一の会社です。AIは伝統的に大量の知識情報を並列に扱う必要がありました。そのためにCRLは、超並列処理に関する基礎研究レベルのノウハウを所有し、現実のビジネスにおいては、マルチスレッディングアーキテクチャとして、サーバ構築、アプリケーションサービス構築に具体的に応用しています。

 また、AIの基礎の一つである知識表現技術、つまり非常に複雑な情報体系をいかにして計算機上のロジカルな表現に変換し、蓄積し、利用可能にするか、といった問題に長年のノウハウを蓄積しております。世の中のサービスが、実際には大変シンプルなテクノロジーだけで推移している現在のフェーズではなかなか気づかれることは少ないですが、実際には、知識表現の問題こそが問題解決の根本的な要因であることが少なからず存在します。

 CRLは、この知識表現が関わる領域においても、いくつかのソリューション構築をしてまいりました。推論エンジンは、この知識を利用して、具体的な問題解決の回答を導くものです。

 現在、インターネットが便利になったとは言え、一部の先進的な人々の範疇を越えて、普遍的な普及を目指すには、まだまだ足りない部分、未解決な部分、改善部分が存在するのが実体です。ここで、CRLのもう一つ得意分野が、サーバインフラを基盤から構築し、インターネットWEBサーバ、メールサービスなどの基盤サービスのためのサーバプログラムを根本から自前で構築できることです。

 従ってあらゆるサービス特化型の新規プロトコル開発もシームレスに実現できる唯一の会社なのです。 UNIXサーバ、Windows2000サーバ、Windowsクライエント、PDA、i-mode端末、 Javaクライエント、各種アプレット、こういったものが、一貫して構築できるため、特殊なアイデア、極めてユニークなビジネスモデルなどに対しても、一環したサービス構築を提供できるのです。

 WEBサーバ、コンテンツカプセル、セキュリティ保護技術、パーソナライズドデータ生成、CRM/マイニング、知識表現体系、CBR推論エンジン、汎用機器制御、ユビキタスアクセス、モバイルコンテンツ配信、個別暗号化などのコア技術およびこれらをもとに構築したシステム製品により、他では決して得られない解をご提供致します。

ネットの知性=「TCP/IQ」を高める、それがテクノロジープロバイダー CRLの技術なのです。



Copyright © 2001 Cognitive Research Laboratories, Inc. All rights reserved.

For details about this document:
URL: http://www.crl.co.jp/
E-mail: info@crl.co.jp





フリーダムメール

e−AD

Lispache2動的Webサーバ

The 2001 JavaOne Conference in Japan

Powered By Allegro Common Lisp!